沖縄県の尖閣諸島は、日米安全保障条約の第5条が適用されると明言

トランプさんの問題は色々言われていますが、
悪いことばかりでは無いようです。

会談に同席した政府高官は記者団に対し、マティス国防長官が会談の中で、アメリカの日本に対する防衛義務を定めた日米安全保障条約の第5条が「沖縄県の尖閣諸島に適用される」と明言したことを明らかにしました。

また、会談では、北朝鮮をめぐる情勢や東シナ海など海洋の秩序をめぐり、法の支配など共通の価値観を有する日米が協力して対応していくことで一致したということです。

さらに、安倍総理大臣が安全保障関連法について説明し、日本が積極的な役割を果たしていく考えを伝えたのに対し、マティス国防長官は評価する考えを示しました。

www3.nhk.or.jp/news/html/20170203/k10010864011000.html?utm_int=all_contents_just-in_001

□メビウス情報収集プログラム
□メビウス情報部
□メビウスレポーター
□MLSシステム
□ハッカドールからのお知らせ
からの更新

このエントリーをはてなブックマークに追加
2017-02-05 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : MoBIUS LINK